奥さんは旦那さんに生活費用請求が可能

旦那から離婚したいと言われ、まず経済的な面が心配になる現実的な女性も多いでしょう。働いている奥さんでも、家事をしなければならずパートなど軽い仕事の場合、給料もそんなにもらえているわけではありません。専業主婦ならばなおのこと、生活費の心配が頭をよぎるのは当然のことです。

 

旦那から離婚したいと言われ、生活費が支払われないような場合、離婚裁判の中でその生活費用請求することが可能となります。民法第752条で、夫婦は一緒に暮らして協力しあう必要があると定められています。結婚している以上その義務があるにもかかわらず、旦那から離婚したいと言って生活費を支払わないような場合、それが無視されているということになります。夫婦は互いに、収入の少ない方を扶養する義務があるので、旦那にもそれを伝える必要があるでしょう。気持ちの問題ではなく法律の問題なのですから、文句をいうこともできません。ですので、離婚に向けて話を進めていくような場合でも、当面の生活費の約束を取付けましょう。加えて、旦那から離婚の話をするような場合浮気も疑われるので、そこのところも注意しなければなりません。