離婚での慰謝料は50万円から300万円くらい

旦那さんから離婚したいと言われた場合、自分に目立つ落ち度がなければ慰謝料請求が可能となります。慰謝料はどのようにして決められるかというと、精神的苦痛の度合いによって金額が決まり支払いが裁判で判定されます。ただ、旦那さんから離婚したいと言われたからといって、必ずしも慰謝料請求できるというわけではないです。旦那さんが精神的苦痛を与えたという証拠が必要であり、それはDVだったり金使いの荒らさだったり、浮気だったりします。何かしらのはっきりとした理由がなければ、そしてその証拠がなければ、慰謝料請求は難しくなってしまうので注意が必要です。

 

離婚に至るにしても、曖昧な理由は意外と多いです。例えばよくあるのが生活の不一致、価値感の違いです。物的証拠はありませんし、感覚の問題だといえます。その場合どちらかが絶対的に悪いというわけではなくなるので、慰謝料の請求が難しくなるでしょう。

 

離婚での慰謝料は、少なければ50万円くらいで、多ければ300万円くらいになるということです。それぞれの事案によって内容が異なるので一概には言えませんが、相場としてはそのようになっています。