離婚は裁判できるが復縁はできない

旦那から離婚したいと言われても、相手にひどい落ち度がないような場合は女性としても気持ちが残ってしまうのは当然のことです。長く不倫されていたり、浪費癖が凄かったり、DVを受けていたりすれば離婚を認めることができるかもしれませんが、例えば曖昧な理由である生活の不一致や価値感の違いが理由に挙げられれば、未練が残ってしまう可能性もあるでしょう。

 

離婚では離婚裁判が行われることも珍しくありません。お互いの合意がなければ、離婚することはできないからです。離婚では離婚裁判があるのに、復縁したい場合はそのような裁判がありません。ですので、法律的な手段はなく、気持ちを取り戻すしか方法はないでしょう。旦那から離婚したいと言われたその原因を理解して、改善していくのが一番の方法といえます。相手がすでに再婚しているような場合は復縁も難しいですが、そうでなければ一度は一緒になったのですから、可能性がないと言いきることはできません。

 

旦那から離婚を申し出る場合、浮気しているパターンも多々あります。ただ、自分たちが離婚したからといって旦那と浮気相手が一緒になれるかどうかは別問題で、そのあと別れているようなことも現実として多いです。そのような場合復縁の可能性はかなり高くなるでしょう。